事業内容 陸運業

液体化学品輸送における独自のノウハウと実績を誇る

当社は製造産業に不可欠な有機・無機の液体化学品及び高圧ガスの輸送を長年にわたって手掛けてまいりました。陸運部ではその陸送におけるタンクローリーの配車から納入まで一連の運行管理を行っており、ケミカルローリーや高圧ガスローリーといった特殊車輛を多数保有し、液体化学品を取り扱う専門技術と危険物に対する深い認識のもと、高度に特化された輸送を担っています。
また当社は大阪、名古屋等にケミカル・ターミナルも保有しており、関連会社を含め主要な工業地帯に立地したこれらのタンクヤードのネットワークを活かし安全性の高い確実な責任輸送を果たしています。

液体化学品への幅広い対応力と取り扱い実績

液体化学品は有機や無機といった分類のみならず多様な性状をもった製品が存在します。それらに対する専門的な取り扱いスキルと深い知識と認識力、これがなくては安全かつ確実な輸送は不可能となります。当社は、長年にわたってケミカル製品や高圧ガスといった専門性の高い製品を取り扱い、そのプロフェッショナルな対応力と輸送実績には、揺るぎない評価を得ています。

輸送拠点を全国に配置し陸送のネットワークを補完

当社は輸送拠点を全国規模で配置しており、主要な工業地帯には陸送ルートのネットワークが張り巡らされています。関東、中部、関西の大規模拠点はもちろんのこと、製造プラントが集中している太平洋側沿岸地帯に輸送拠点を整備し、当社保有のケミカル・ターミナルと連携を取りつつ、全国的なニーズにも対応しています。このようなネットワークの拡充と、細やかなニーズに対応する独自の配車システムにより、確実でロスのない配送を実現しています。

限りなき安全性への取り組みで責任輸送を果たす

当社は安全を最優先事項とし、事故やトラブルがなく責任輸送を果たす為、日々安全への取り組みを行っています。当社が運送しているケミカル製品や高圧ガスは、危険な性状を持つものも多く、その輸送と荷役作業には細心の注意が必要となります。全車両に搭載したデジタルタコグラフ及びドライブレコーダーのデータを基にした危険予知訓練や管理者による側乗教育等により、それに対応しうる乗務員を育成すると共にイレギュラーなオーダーへ対応する為に代替要員や車輛を確保する体制を整えることにより、日常業務から安全性と確実性をベースとした職務進行を心がけ、顧客からのオーダーに対して責任輸送を果たしています。

海運業
詳しくはこちら
ケミカル・ターミナル
詳しくはこちら
倉庫業
詳しくはこちら
ISOコンテナ事業紹介
運輸安全マネジメント公表