事業内容 航空・複合輸送業

世界のビジネスフィールドに可能性を大きく広げる航空貨物業務

航空貨物部は大阪、東京、成田空港、羽田空港、関西空港の5場所に営業拠点を構え、フォワーディングと輸出入通関を中心に航空貨物輸送事業を行っております。フォワーディングではIATA(国際航空運送協会)公認貨物代理店として、航空会社とフライト調整、運賃交渉を行い、お客様のご要望に応じたフライトを選択しております。また、通関業免許を取得し、航空貨物に要求されるスピード化に対応しています。特に関西国際空港では、24時間空港としてのメリットを最大限に活かし、24時間体制で夜間発着便の活用や緊急輸送のニーズにも対応しています。その他、貿易書類作成、梱包、保管、仕分け作業等の輸出入に関連する付帯作業サービスを提案しております。日々、スタッフ一人ひとりが常にお客様の立場になって営業活動、業務活動に当たり、コストダウンや物流における時差を最大限に圧縮する体制がお客様の安心感に繋がり、揺るぎない信頼関係を築いております。

海外代理店およびネットワークが充実

生産拠点の海外展開が進み、物流のボーダレス化がますます進んでいる現在、航空貨物部門では、海外50カ国以上の代理店と業務提携を結び、航空貨物輸送を軸に海上、陸上輸送、商品保管を複合的に絡める輸送プランを構築しております。これにより、DOOR TO DOOR輸送から三国間貿易、在庫販売まであらゆる形態の輸送を可能として、お客様の貿易業務をサポートしております。

幅広い知識をもつ通関士が空港内営業所に常駐

首都圏では成田空港と羽田空港、関西圏では関西国際空港に通関営業所を構え、経験豊富な通関士が常駐しており、さまざまな輸出入貨物を迅速適正に通関し、スピード感のある国際物流を実現できるよう努めております。また当社の通関士は、税金の減免や関税率、経済連携協定に関する豊富な知識を有しておりますので、お客様にとって手続きの簡素化はもちろんのこと、コスト面についてのアドバイスも行っております。

港湾運送業
詳しくはこちら
倉庫業
詳しくはこちら
プラント輸送
詳しくはこちら